2021/10/24 木曽川 マゴチ シーバス

2021/10/24 木曽川 マゴチ シーバス
Advertisement

名古屋港のアジの調子を確認したいところだけど、なかなかうまくいかない。
先行者さんがいたり、風が強かったり。
二組ぐらいは入れるポイントなんだけど、小場所なんでね、
先行者さんがいたら、クルマも停めずにきびすを返しています。

今回もそんな日で、先行者さんがいたので、名古屋港から木曽川へ。
今日はちょっとやってみたい釣りがあるので、まぁいいかと移動。

なにがしたいかと言うと、シーバスの釣り。その中でも、いわゆる流す釣り。
勉強したのは、この動画。村岡昌憲さんの動画。

僕は、フナ・ハゼ生まれ、ブラックバス育ちなので、
ルアーの釣りに関しては、ほとんどがバス釣りの応用。
シーバスも同様に、バス釣りの応用で釣ってきたけど、今回は流してみたい。

バス釣り育ちのほとんどが、動画でいう「ルアー先行型」だと思うんだけど、
というか、それ以上かな。ゴリッゴリのルアー先行。僕もそう。
ラインをしっかり張って、ルアーのアクションを感じながら、
狙ったポイントをまっすぐに通すってやり方をしてると思う。ルアー先行一直線型。

ルアーの流し方は動画を見てもらうのが一番いいので割愛するけど、
いつもの釣りに、流す意識をプラスアルファしてみたいところ。
動画のなかでピンときたのが、「ルアーの側面に流れを当てる」ということ。これなら取り入れられそう。

Advertisement

入ったのは、木曽川の反転流が絡むポイント。
だいたい30メートル先ぐらいにブレイクがあって、手前はめちゃ浅い。
奥の流れは右から左。ブレイクから手前は、反転流で左から右。
いつもなら、ブレイクをまっすぐ刻んでいくんだけど、今日はブレイクに沿うように通してみたい。

とりあえず1投目は、糸を濡らすだけの捨てキャスト。
で、2投目。「この辺がかけ上がりかな」というところで、巻きスピードを抑えて、左側に流しはじめてみると、グググン。

え、2投目で釣れたんだけど。マゴチ、37センチ。
ちょっと待って、いまの感じをもう一度。

「このぐらいのリトリーブだっけ?違ったっけ?」と思いながら、
少しずつ立ち位置を変えてキャスト。
30メートルぐらい移動したところで、折り返し。
ラインを張らず緩めずくらいで巻いていると、ヌッっとした違和感。
「あ、咥えたな」と思ったのでフッキング。

43センチ。本命2匹目。
あ、シーバスの流す釣りをやろうとしているけれど、狙ってるのはマゴチです。本命です。

やってみて思ったのは、流れてるコースが把握できてないから、竿抜けができてる感じ。
慣れるまでは、折り返すなり、投げる回数を増やすなりして、カバーしてあげる必要がありそう。

立て続けに2匹釣れて、もう、釣れる気しかしない。
テンションを抜きつつ、糸ふけを回収するぐらいの気持ちで巻いていると、カッツーン。
テンションゼロからいきなりアタリが出るから、びっくりする。
バス釣りでいう、ノーシンカーのワームを投げてるときみたいなアタリ方。

40センチぐらい。シーバスの釣り方で、ちゃんとシーバス釣れた。
ま、まぁ、合わせを入れたら思った以上に左でサカナ跳ねたけど。めちゃくちゃ流されてたけど。

その後は、次第に反転流の流れがキツくなってきて、ワケがわからんくなったので納竿。
結果、釣りはじめの30分で3匹釣れたので、時合いだっただけかもしれないけど、なにこの釣り、おもしろ。
この釣り方をちゃんと覚えたら、釣れるサカナ増えそう。
この釣り方をちゃんと覚えたら、バス釣りにも活かせそう。

まぁその前に、海用のプラグを買ったほうがいいのかもしれないけど。

—-
ロッド:DAIWA ハートランド 震斬琵琶湖スペック HL802MHFS-SV13
リール:SHIMANO COMPLEX CI4+
ライン:YGK SUPER JIGMAN X4 1.0号+SUNLINE BASIC FC 3号
ルアー:issei G.C.ミノー
—-