根魚玉はチヌにも効く!【根魚玉チニングチューン】

根魚玉はチヌにも効く!【根魚玉チニングチューン】
Advertisement

先日書いた『チニング入門のススメ』が、結構読んでもらえている模様。
需要があるようなので、これからはもうちょっとTips系やインプレ系も書いていこうと思う。

根魚玉のチニングチューン

というわけで、今回は根魚玉のお話。

なぜこの記事を書こうと思ったのかと言うと、
チニングのルアーって、「釣具屋にあんまり置いてない」から。
そもそもバスやシーバスと比べて、棚の数が全然違うので、
オフシーズンとされる冬になると、それはもうスカスカ。

となると、通年で置いてある商品からやりくりするか、
ネットで買うかするわけですが、
ここでおすすめしたいが、isseiの根魚玉

1.絶妙なアイバランスで根掛かりが激減
2.光を多方向に反射し輝く8面ボディ
3.水底で転がりにくい下面フラット形状
4.刺さり抜群のフッ素加工が施されたカルティバ製マルチオフセットフック使用

https://issei.tv/umitaro/523.html

…ほら、これ、「チニングのズル引きでつかってくれ」って言ってない?
詳しい解説は、公式サイトの動画を見てもらうのが一番いいと思うので割愛しますが、
もともと根魚用に開発された代物なので、ボトムの釣りに最適。

チニング入門のススメ』でも書きましたが、
ちゃんと底が取れるし、根がかりもちゃんと外れてくれる。
スタックも良い感じにするので、底質調査にはもってこい。
そんな根魚玉の、チニングチューンを紹介します。

フックを替えて、ラバーを付けるだけ

やり方はカンタン。
(まぁ、簡単すぎて、写真を見てもらえれば、説明するほどでもないんだけどね……)

まず、用意するものはこちら。
お好みのラバーと、フックと、根魚玉。以上。

根魚玉についているオフセットフックを、スプリットリングから取り外します。

チヌ用のフックを取り付けます。
今回はカルティバの「リグフックチヌ」をつかいましたが、
デコイの「プラッキングシングル」でもOK。縦アイならOK。
フックサイズはお好みで。

ラバーを適当な長さにカット。カラーも本数もお好みで。
ラバーを単体でお持ちでなければ、
つかっていないスピナーベイトやバズベイトから引っこ抜いてもOK。
僕は派手めの色が好きなので、チャートで。ケイムラ(クリア)は隠し味。

ラバーとくるっと、ひとつ結び。
タイイングしてもいいですが、さくっとひとつ結び。
スモラバみたいにフワフワさせるわけでもないので、これで大丈夫。

フックのアイ付近でギュッと縛って、ラバーを裂けば、
ほら、もう、それっぽい。

つかうワームに合わせて長さを揃えれば、できあがり。

よろこびもひとしお

ちょっとしたカスタマイズですが、ひと手間加えるだけで、
自分だけのズル引きルアーがつくれますよ。
なにより、自分でカスタマイズして釣れると、よろこびもひとしお。
気が向いたら、試してみてくださいね。