【ルアーとテナガエビ】2022/7/19 木曽川 シーバス

【ルアーとテナガエビ】2022/7/19 木曽川 シーバス
Advertisement

「仕事が終わったら行こう」と思っていたら、
予想外の集中力で仕事を終わらせてしまったので、現地へ。

今回は、その前に寄り道。エサ調達。
今年はアケミ貝オンリーでやっていたので、エサを変えてやってみる。
あ、うなぎ狙いです。

15分くらいで調達完了。小さめサイズを中心に。テナガエビ。

テナガエビつかえばデカいの釣れるっしょ、という安易な考え。
まぁやることはいつもと変わらないので、さっと準備して、投げて、待つだけ。

テナガエビのなにがいいって、エサ取りを無視できること。
アタリがあれば、デカいはず。たぶん。

……うん、アタリがない。あの小さいアタリが恋しくなってきた。
でもまぁエサは付いているはずなので、信じて待つだけ。

そんな折、手前でボイル。完全にハク追いのシーバス。
以前からボイルが定期的にあるので、フィーディングスポットっぽい。
ええ、さすがにね、これだけボイルがあればね、持ってきてますよ、ルアーも。

テナガエビはエサ持ちがいいので、放っておいても問題なし。これも良いところ。
ボイルは無視して、まずは捨てキャスト。もう一回、流れを感じるために捨てキャスト。ドンッ。

2投目で釣れちゃった。

60ぐらいのシーバス。流れも相まって、めちゃ引いてたのしかった。

ハートランド リベラリスト 903ML+は、シーバスにもいいね。
胴から曲がってくれて、その曲がりをキープしてくれるので、バラす気が全然しない。
「えっと、ネットどこだっけ?あそこか。遠いな」とかしてしても、バラす気がしないです。

さて、シーバスは釣れて満足したので、うなぎに集中。
まぁ集中しようがなんだろうが、待つだけなんだけど。
アタリがあると、アケミ貝より「おおっ?」ってなってなるからたのしい。

3回目のアタリで、おおっ、ようやく乗ったっぽい。

43ぐらいの、シーバス。今日はシーバスの日か。

がっつり飲まれてたけど、針が見えていたので大丈夫。
エラからプライヤーを通して、針外し。このあたりはブラックバスの経験が生きるところ。

まだまだ釣りがしたかったけど、強烈な雨雲が来そうな感じだったので、納竿。
テナガエビもリリースして、渋々納竿。
うなぎは釣れなかったけど、可能性は見えたので、良しとします。

—-
ロッド:DAIWA ハートランド リベラリスト HL LL 903ML+RSS-22
リール:DAIWA THEORY 2508PE-DH
ライン:YGK SUPER JIGMAN X4 1.0号+Seaguar R18 フロロリミテッドハード 3号
ルアー:タックルハウス ローリングベイト 77
—-