2021/10/19 名古屋港 アジ

2021/10/19 名古屋港 アジ
Advertisement

長良川(揖斐川)のマゴチも気になるし、木曽川のマゴチも気になる。
けど、名古屋港の状況も気になる。なんなら長良川のバスも気になる。

さすがにバスに手を出すと時間と気持ちが足らなくなるので、
名古屋港チラ見からのマゴチの様子をうかがうプラン。
結果から言うと、名古屋港に足止めくらいました(いい意味で)。

名古屋港の目的は、アジ。
去年は9月の時点で釣れていて、ずっと気になってたんです。今年はどうなのって。
去年の釣行を振り返っていたら、寒くなりだしてグローブをつけていたので、
たぶん同じぐらいの気温だし、大潮だし、いたらいいなという気持ち。

思いっきりアジ狙いなので、0.4gのジグヘッドで表層からチェック。
3カウントはアタリなし。5カウントで探ってみると、ヌッっと重くなるような違和感。

いたわ。アジいたわ。回ってきたわ。
そういえばこんなアタリ方するサカナだった。違和感を合わせると付いてるんだった。

ちなみに、「回ってきた」と言えるのは、すでに何度も調査に来ていたから。
ちなみに、「回ってきた」というのは、アジが回ってきたという意味ではなく、
僕に釣れるアジが回ってきた、という意味ですね。

あっちやこっちに投げていると、ポツポツとアタリがある感じ。
で、合わせが決まると、あれ、こんなに引いたっけ?という引き。
よく見ると、去年と長さは一緒だけど、肉付きがいいみたい。丸い。

……ちょっと待って。1匹、逝きそうなんだけど。
持って帰るか、まだ決めてないのに。ブクブクも入れてるのに。

これは、逃がすという選択肢がなくなりそうな雰囲気。
潮止まりまであまり時間はないし、風が吹きはじめたので、ちゃんとやらないとまずい。

カウント5でアタリがなくなったので、必死で探してみると、カウント9でアタリ。
ラインが風で煽られずにまっすぐで、ジグヘッドが程よく流れに逆らってくれると釣れるっぽい。
風もあるし、棚も深くなってるから、本来ならジグヘッドを重くしたいところだけど、
うん、0.4gしか持ってきてないよね。調査のつもりだったもんね。
潮止まりまでがんばって、なんとか7匹。

いちばん大きかったので、18センチ。まぁみんなだいたい同じぐらい。
ジグヘッドのバリエーションがあったら、もうちょっといけたかな。2時間ぐらいの釣りでした。

次はもうちょっと、下準備をしてから望むつもり。
なお、先に言っておくと、釣るだけならサビキが最強です(経験済み)。

—-
ロッド:DAIWA ハートランド 別誂冴掛 HL762LFS-SV10
リール:DAIWA THEORY 2004
ライン:YGK D-PET 0.25号+Seaguar R18 LIGHT ROCK 0.6号
ルアー:ティクト アジスタ SS 0.4g+issei スパテラ 1.5inch
—-