2021/9/24 師崎漁港 アオリイカ アジ

2021/9/24 師崎漁港 アオリイカ アジ
Advertisement

友人と「どっか釣り行こや」と話していて、誘ってくれたのが知多アジング。
去年も誘ってくれて、僕はそのときにアジングを覚えました。
適当でも釣れるほどイージーじゃなく、ちゃんとやらないと釣れないのが、
知多アジングのおもしろいところ。

「どうする?エギも持っていく?」なんて話をしつつ当日を迎えて、集合して現地へ。
クルマを出してくれると言うので、二つ返事で甘えて助手席へ。助手席最高。

本気を出すのは日が暮れてからかなと思いつつ、0.4gのジグヘッドをちょんちょんさせていると、
隣のお兄さんのドラグがジーーーーーっと響く。すご、イカ釣った。
ちなみに僕は、知多のアオリイカは伝説レベルで釣れないと思っているので、
知多でアオリイカを釣る人を尊敬しています。
一応、過去に釣った経験はあるけれど、めちゃくちゃ苦労した。
あれは、初見さんが狙うべきターゲットじゃない。

でも、隣で釣られたら…、僕にもワンチャン…、って思うのが釣り人の性。
気がついたら、エギをシャクってたよね。
ただ、エギを動かすのも久しぶりなので、
「どんなんだっけ?こんな感じだっけ?シャクったときにドラグが出るぐらいがいいんだっけ?」という感じ。

気持ちよく動かせていない気がしたので、足元でスイムチェック。
なるほどね、このぐらいシャクると飛んでくれるのね。
シャクって、シャクって、シャクって、ステイ。こんな感じね。なるほどね。
……ぬ。

ぬ?

反射で合わせを入れると、ドラグがジィーーー。ぶしゅーーー。
え、なんか釣れたんですけど。

これ、伝説のイカや。アオリイカや。足元で釣れたんですけど。

ひとしきり友人と笑い、とりあえずバケツへ。
持って帰るか、せっかく釣れたのを逃していいのか、
笑いすぎて決められなかったので、とりあえずのバケツ。ブクブクをON。

落ち着いてから、「いや、このブクブクはアジを活かすためだわ」と気持ちを切り替えて、
伝説のイカはリリースすることに。大きくなれよ。

気を取り直して、アジ狙い。
足元で釣れちゃったのがよかったね。これはさすがに再現性ないもん。
普通に投げて釣れてたら、…もう1杯…!ってなってたもん。

潮止まりでサカナっ気は少なかったけど、
底のほうを丁寧に誘ってあげるとアタリがある模様。
そうそう、こんな感じ。ちゃんと探らないと反応してくれない感じ。

潮止まりの間は、僕のほうが調子良かったけど、
潮が動き出してからは、断然友人のペースに。
こちらは、タケノコを釣ったり、メバルを釣ったり、違うのを釣ったり。

……あなたは誰?

途中経過がこちら。縁が墨で汚れているのはご愛嬌。

僕は全然だったけど、その後も友人がポロポロと釣ってくれたので、晩ごはん分は確保。
やっぱり、アジング経験の差が出たね。渋いときほど、顕著に差が出るね。

なお、イカを釣ったときのセッティングは、以下のとおり。
—-
ロッド:DAIWA ハートランド 別誂冴掛 HL762LFS-SV10
リール:SHIMANO COMPLEX CI4+
ライン:Seaguar PE X8 0.8号+SUNLINE BASIC FC 2号
ルアー:Evergreen エギ番長 2.5号
—-

で、アジを釣ったときが、こちら。
—-
ロッド:DAIWA ハートランド 別誂冴掛 HL762LFS-SV10
リール:DAIWA THEORY 2004
ライン:YGK D-PET 0.25号+Seaguar R18 LIGHT ROCK 0.6号
ルアー:ティクト アジスタ SS 0.6g+34 プランクトン(あまいろ)
—-

はい、リールを替えただけです。竿はそのまま、バスロッド。
どちらも専用の竿を持っていないだけなんですけど、なんとかなります。
専用の竿のほうが、ぜっっったいに良いと思うけど、なんとかなります。
なんとかするのも、たのしいですよ。