2021/9/20 木曽川 ウナギ

2021/9/20 木曽川 ウナギ
Advertisement

そろそろ、「大潮だからサカナが釣れる」という幻想はやめにしたい。
大潮だ!ってテンション上げて行くと、だいたい裏切られるもん。今回はなんとか釣れたけど。

干潮からの上げ狙いで、木曽川へ。
もともと先輩が行くと言っていたので、話したいこともあって、同行する形。
場所は自宅から近い場所。直線距離にしたら、クルマで10分かからないんじゃないかな。
川の中腹が浅い分、手前に川筋が通っているポイント。
深くなっているし、流れも効いているし、絶対釣れるでしょ、というポイント。

エサは相変わらずアケミガイ。先輩がシマミミズをつかっていたので、
どっちのエサがいいのかの検証もできてお得な感じ。
一人で行くとね、なかなかエサの使い分けもできないからね。
竿を10本ぐらい出せば、話は別なんだろうけど。

投げてみると、1投目からアタリ。トトトトン。ぜっったいウグイかセイゴ。
何度かエサを変えていると、乗ったっぽい感じ。でも、軽い。うん、20センチのウグイでした。

先輩に、ぼくのくだらない話を聞いてもらいつつ、アタリを待っていると、
竿先がぐぐっと持っていかれるアタリ。
「でもこれ、バスロッドだからなー、竿先やわらかいからなー」と
思いながらも合わせを入れると、ちょっといいサイズっぽい感じ。
……あ、これ。うなぎじゃない?本命じゃない?

ちゃんと測ってはいないけど、だいたい30センチぐらい。
本命だし、うれしいけれど、持って帰るにはちょっと小さい…。

このサイズなら、3本は欲しいなと思いながら、期待を込めて投げ続けるものの、トトトトンのみ。終了。
小さい針に変えて、ウグイ狙いに切り替えたら、無双できそうな感じでした。

うなぎはブクブクで活かしておいたので、リリースすることに。

もっとでかくなってから、また僕に釣られてくれ。他の人の針はちゃんと見切るんだよ。