2021/2/26 名古屋港 チヌ・クロダイ

2021/2/26 名古屋港 チヌ・クロダイ
Advertisement

名古屋港のチニングで、43センチを1枚。たまには釣果から先に言うスタイル。

バス釣りをするために疾風七四がクルマに積んであるけど、
気がついたら隣の月下美人を握っている不思議。そしてここは名古屋港。
バスも気になるけど、チヌもやっぱり気になるので、仕方ない。大潮だし。

風も無くて、ズル引き日和。
100メートルぐらいの場所を探っていくんだけど、ひと流し目はアタリ無し。
引き返しながらのふた流し目もアタリ無し。
これで、だいたい1時間ぐらい。1時間ぐらいアタリ無し。この繰り返し。

ルアーを通すコースを変えながら、底のゴツゴツを感じながら、
根がかりを恐れながら、ただ巻くだけの簡単な釣り。その繰り返し。2時間経過。

アタリは無いけど、潮も動いてるし、流れもあるので、雰囲気はあるんだけどな……
と考えていると、微かな生命感。竿先がククッと引き込まれるようなアタリ。
1度目はスルーして、2度目のアタリで、思いっきり巻き合わせ。

オスなのかな。若干スキニーな43センチ。

2時間半ほどやって、1バイト1フィッシュ。
貴重なアタリをミスらなかったのは良かった。
ルアーは、ちびチヌヘッドブリームキャッチャー
1枚釣れて、満足したので、納竿。

ちなみに、僕が通っているポイントのそばに、シーバスのポイントがあるみたいなんだけど、
ウェーダー履いた釣り人がどんどん吸い込まれていく。
メータークラスをバラしたって話も聞いたし、そっちも気になる。

…あ、いや、ブラックバスも気になるんだったわ……。

—-
ロッド:DAIWA 月下美人 70UL-S
リール:SHIMANO COMPLEX CI4+
ライン:YGK OHDRAGON F1 0.6号+SUNLINE BASIC FC 2号
ルアー:JACKALL ちびチヌヘッド 3.5g(オレンジゴールドフレーク)※ラバーチューン
    +SHIMANO ブリームキャッチャー(スモークブルー)
—-