【ナオリーのローテーションで時合いを捉える】2021/12/3 名古屋港 ヒイカ

【ナオリーのローテーションで時合いを捉える】2021/12/3 名古屋港 ヒイカ
Advertisement

いま、Basser オールスタークラシックを観ながら書いているけど、おもしろい。
バス釣りをしない人からしたら、「なにこの釣れない釣り」って感じなんだろうけど、本当におもしろい。

さて、昨日(金曜日)の釣り。
仕事をしながらオールスタークラシックの1日目を最後まで観て、
釣り欲が高まっていたので、久しぶりに夕方からイン。

「平日だし、まぁ大丈夫でしょ」と思って有名ポイントに行ったら、日が落ちる前からすごい人。
軽くエギを投げられればいいなと思ってたけど、もう物理的に入る場所がない。
こわい。ヒイカ狙いの人たちのやる気、こわい。

帰るか考えたけど、さすがに潮回りが良すぎるので、別の場所へ。
常夜灯が効くポイントではないので、そそくさと自前のLEDライトを準備。
小型のLEDなので照射範囲は狭いんだけど、ヒイカの足止めぐらいになればいいな、という気持ち。
というか、そもそもこの場所でヒイカを狙ったことがない。何事も経験。

とりあえず道具だけ運んで、照らされている海面を覗いていると、青白い影が2つ。
……あれ、イカじゃない?イカだね。
すぐにいなくなったけど、姿さえ見えれば、あとはどうにかこうにか、なんとかするだけ。

よかった、釣れた。

潮が動きはじめてからは、ポツポツと拾っていく感じに。
一応ライトは効いているっぽくて、明るさが届くかどうかぐらいのところがいいみたい。
ただ、同じコース、同じカウントで毎回釣れればラクなんだけど、そうはいかず。
トレースコースを変えたり、動かし方を変えたり、試行錯誤。
飽きさせないように、見切られないように。見透かされないように。

最終的には、アシストリグまで出しました。
自作なんだけど、ちょっとエダスを長くしすぎた。

ほどよく難しい感じが、個人的には楽しかったかな。
家に帰って数えてみたら、29杯。
もう1杯だけがんばっておけば、キリのいい数字になったのに。

—-
ロッド:APIA GRANDAGE LITE 72
リール:DAIWA THEORY 2004
ライン:YGK S-PET 0.3号+Seaguar R18 LIGHT ROCK 0.6号
ルアー:YAMASHITA ナオリー 1.5S、1.5BS、1.5B
—-