2021/8/30 木曽川 ウナギ チヌ・クロダイ

2021/8/30 木曽川 ウナギ チヌ・クロダイ
Advertisement

ただいま絶賛、近場でおもしろい釣りがないか模索中。今回はうなぎ釣り。
身近に、毎週木曽三川のどこかに通っている、ぶっこみ師がいるので、
話を聞いてみたところ、8月の長雨後から釣果が上がってきているとのこと。

僕は、狙って釣れればなんでもいい派なので、今回はうなぎ狙い。
毎年うなぎにチャレンジしては、「なんだかよくわからなかったな」で終わるので、
今年はもうちょっとステップアップしたいところ。

アケミガイを買って、木曽川へ。
初場所なので地形変化もなにもわからないけれど、
googleマップを見て、「たぶんこの辺かけ上がり」というところに放り込む。
竿は8.6フィートのシーバスロッドと8フィートのバスロッド。オモリはスパイクの10号。
流されるかなと思ったけれど、砂が堆積しているっぽく浅いので、全然平気な模様。

すると投げてすぐにアタリ。トトトンと竿がおじぎして、鈴の音が響く。
とても小気味好いアタリ。トトトトン。トトトトン。
うん、絶対うなぎじゃない。セイゴかウグイかハゼか、そんな感じ。
さすがにそれくらいはわかる。トトトトン。

狙いじゃないので無視を決め込んで、本命のアタリ待ち。
竿先がぐわんぐわんするような、そんなアタリ待ち。……トトトトン。

エサ取りと格闘すること1時間半。今度は竿先を絞るアタリが。
落ち着いて合わせを入れると、確かな重量感。でも全然引かない。
「うなぎの引きってこんなんだっけ?」と思っていると、手前に寄ったところで一気に抵抗。
あ、これ、うなぎじゃない。チヌだ。

37センチ。途中までぜんっぜん引かなかったけど。
狙いのサカナではないので、写真だけ撮らせてもらってリリース。

で、また、エサ取りとの格闘の時間。
小さなサカナたちにアケミガイを撒いているだけな気がしていると、大きなアタリ。
さっきのチヌに比べると、めっちゃ引く。

本命でした。45センチぐらい。
37センチのチヌより、45センチのうなぎのほうが引くんですね。
さすがにグリグリ巻いてこれるけど、引き味があるのはやっぱりたのしい。

その後は、ひとまわり小さいうなぎを追加して、アタリがなくなったので納竿。

うなぎは2匹とも口掛かりしていたし、キープするか逃がすか迷ったけれど、
迷っているうちに弱っていった(ブクブク忘れた)ので、お持ち帰り。
上手とは言えないけれど、こんな感じになら捌けるので。

次は、エサ取り対策をして、でかいやつを釣ってみたいところ。
アケミガイからカメジャコにしてみようかな。仕掛けも改良してみたい。
やっぱり、釣りは、あれこれ考えるのがいいね。
さあさあ、おもしろくなってまいりました。